FC2ブログ

UPENDO COTTAGE AND DEVELOPMENT AGENCY

アフリカはタンザニアのNGO活動についてです。フォスターペアレント、アフリカスタディツアー案内、オリジナル衣料&アクセサリー、雑貨等の卸/販売、そしてタンザニア情報をお伝えします。

2018/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

新しいストリートチルドレン

先日、見慣れないストリートチルドレンを見かけました。話しかけてみると、ストリートに来て1カ月との事です。
inocent benedicto14022010
イノセント・ベネディクト君 12歳 小学校6年生

両親は離婚し、父親に着いていきましたが、再婚相手の義理の母親からの暴力に耐えられなくなり、家を出たとの事です。アルーシャの隣、モシのとある村出身です。弟と妹がいるようですが、家族とは一緒に住んでいないようです。

まだドラッグ等には手を染めていないようで、日々レストランで皿洗いをしたり物乞いをして食費などを稼いでいます。1日約2,000円ほど稼げるようです。

今後、どうしたいのか聞いてみると、家族の元に帰り学校にもまた通いたいと言っていました。まだやり直しはきくと思うので、このままイノセントの様子を見て、お互い良い友好関係が築ければ家族の元へ送ろうと思います。

ちょうどイノセントと話をしているときに、元ストリートチルドレンのシラスが現れました。彼はもう一人のストリートチルドレンと一緒に一部屋を借りて住んでいます。少しの間イノセントも一緒にシラスの部屋で寝るようお願いしました。

イノセントに必要な最低限の物
・学校に通う黒い靴(サンダルで通っているようです)
・通学カバン(ビニール袋で通っていました)
・服(汚れた服を着ています)
・交通費(家族の元に帰りたいです)


イノセントを支援して頂ける方を募集しています。支援方法はコチラでご確認ください。

皆さまからのご協力、ご支援によりタンザニアのストリートチルドレンが救われます。どうぞ、温かい手を差し伸べてください。宜しくお願いいたします。




クリックして応援お願いします!
↓↓↓
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ucda.blog12.fc2.com/tb.php/242-3538b8c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。