FC2ブログ

UPENDO COTTAGE AND DEVELOPMENT AGENCY

アフリカはタンザニアのNGO活動についてです。フォスターペアレント、アフリカスタディツアー案内、オリジナル衣料&アクセサリー、雑貨等の卸/販売、そしてタンザニア情報をお伝えします。

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

職務質問

先日、友達と歩いていると、入国管理局員と名乗る男の人から声をかけられ、職務質問をされました。

パスポートの提示を求められ、色々と質問をされ、なかなか話が終わりません。そのうちどこかでもっと話をする必要がある、と言われ、一旦話が終わりました。

別れ際に私の以前の査証書類を預かるとの事だったので担当の人の名前を聞きましたが、名字を聞くと拒否され、IDも確認する前にスッとポケットの中にしまわれてしまいました。

早速日本大使館にこの件を報告すると、本当に入国管理局員か分からないし、入国管理局のカウンターの担当の指示を仰ぎ、必要であればそのカウンターの担当にこの件を伝えればいい、とアドバイスをいただきました。特に私はイリーガルスティでもないとの事です。

そして別れて10分後くらいに先ほどの入国管理局員と名乗る人から電話がありました。

「日本大使館にはこの件は報告済みで、現在あなたの事を調査しているところです。」

と友達が言うと、

「そんな事をしたのか。もういい。分かった。」

とあわてた口調で電話を切ったようです。


現在ソマリアからの違法滞在者が多いらしく、入国管理局員も町中によくいるようですが、今回の職務質問をしてきた担当はお金が欲しいが為に何かと文句をつけ、なかなか放してくれなかったのです。間違っていないのにお金を渡してその場をしのぐ事はどうも納得がいきませんし、ターゲットとなった身としても苛立ちを覚えます。

しかしこういった状況は以前にもあり、よくある事なのです。それにしても彼らも外国人を相手にして上手くいくと考えるのは間違っているでしょう。賄賂が通っている事を良く知っている現地人に接触した方がいかに成功率が高い事か・・・。


クリックして応援お願いします!
↓↓↓
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ucda.blog12.fc2.com/tb.php/241-15fc18cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。