FC2ブログ

UPENDO COTTAGE AND DEVELOPMENT AGENCY

アフリカはタンザニアのNGO活動についてです。フォスターペアレント、アフリカスタディツアー案内、オリジナル衣料&アクセサリー、雑貨等の卸/販売、そしてタンザニア情報をお伝えします。

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

ストリートチルドレン日記

今日は町を歩いていたら沢山のストリートチルドレンに会えました。

まずは年少組(10歳未満または10代前半)が5人ほど。駆け寄ってきました。目を赤くしている子供もいたので「ドラッグしてハイなの?」と聞きましたが「そうじゃない」という答えでした。

すぐ近くに出店のようなフライドポテトを売っていたところがあったのでとりあえず3人前頼みました。

ポテトを待っている間、奥から年長組(10代後半)のストリートチルドレンがぞくぞくと集まってきました。彼らは9人。彼らにもポテトをと思いましたが、残念ながら5人前しかポテトがすぐに用意できないと言われ、年長組と後からきた他の年少組のポテトを逃してしまった子供達と食べ物を求め別の場所に移動をしました。

この年長組もたいていみんなハイのようで、目は真っ赤、とにかく元気で悪ガキといった感じでした。私はこの年長組とは今日初めて会ったのですが、数人は英語も話し、私が日本出身と伝えると日本語もポロポロ出てきたりと、普通に学校に行っている子供たちより賢いかも・・・と思ったりもしました。

近くにバーがあり食べ物を買おうとしましたがバーの店員に断られ、他に近くで食べ物を得られそうな場所もなくどうしようかと悩んでいたところ、

「別にフライドポテトじゃなくてもいいんだよ。パンとミルクがあればそれで十分!」

と一人の子が言ってくれました。

じゃあ、ということになり、数人を連れて小さなスーパーマーケットに行き、11人分のパンとミルクを購入し、皆の待っている場所まで戻り、みんなにパンとミルクをあげました(一人はドラッグをやっていて食べ物を拒否しました)。
1.jpg
写真を撮ると言って写ってくれた子供達6人。他5人は嫌がり、カメラから離れました。

子供たちが食べている間、

「あんたもお腹空いてるんだろ?これ食べれば?」

と無理矢理食べかけの食パンを私の口に突きつけてくる子供や(もちろん少し頂きました)、食パンの束の半分を無造作にちぎってミルクをこぼし、

「これを食べろ!」

と言ってくる子供(またすぐに没収されましたが)。

受け取れば私は彼らの仲間と認識され、拒否すれば私は形だけ・・・そんな何か儀式のようなものを感じました。

別れるときに、みんなから「ありがとう」と言われました。みんな悪ガキだけれども礼儀は知っています。「また明日!」と言われたり、「また今度」と日本語で言われたり。裏切ってはいけないな、と思いつつ子供たちを後にしました。


フライドポテト 1000tsh×5人前
食パン 700ths×6斤
牛乳パック 600tsh×11人
合計 15,800tsh(約1,092円 2010/1/12現在での換算)

これら費用はUPENDO COTTAGE AND DEVELOPMENT AGENCYでご購入いただいた雑貨等の売上金からきています。これからもストリートチルドレンを助けるための支援金が必要です(支援方法はコチラから。)。

皆さまからの温かいご支援、ご協力をお待ちしています。どうぞ宜しくお願いいたします。




クリックして応援お願いします!
↓↓↓

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ucda.blog12.fc2.com/tb.php/224-4812c6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。