FC2ブログ

UPENDO COTTAGE AND DEVELOPMENT AGENCY

アフリカはタンザニアのNGO活動についてです。フォスターペアレント、アフリカスタディツアー案内、オリジナル衣料&アクセサリー、雑貨等の卸/販売、そしてタンザニア情報をお伝えします。

2018/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

Arushaのコーヒー

大晦日、アルーシャの町から少し離れた、サファリへ向かう一本道の脇にあるコーヒー農場へ行ってきました。コーヒーの木が沢山両脇にあります。コーヒー畑で働く人々も見かけました。

途中、コーヒー農場の中に建てられた、ARUSHA COFFEE LODGEに行きました。
cl1.jpg
とっても雰囲気がよく、落ち着ける場所です。観光客のヨーロッパ人が沢山いました。
cl2.jpg
↑一つ一つお部屋がコーヒー農場の中にあります。

普段、出先でコーヒーは飲みませんが、ここぞとばかりにコーヒーを頂くことに。

cl8.jpg

cl9.jpg

お天気も良く、まったりしつつ、友達と話も弾み、のんびりした後に農場見学をさせてもらいました。

cl3.jpg
↑コーヒーの実です。だいたい3月以降に収穫するそうです。

ちなみにコーヒーには2種類あり、こちらはアラビックコーヒーです。もう1種類のロブスターコーヒーは、木がもっと高いとのことです。

cl4.jpg
↑途中、コーヒーの木の間からディクディクが現れました。彼らはとてもシャイなのですぐに逃げてしまいます。近くで見るためにヒソヒソと近づきましたが逃げられてしまいました。

cl5.jpg
消毒をした後のコーヒーの木です。農薬をするみたいですね。それでも害虫にやられて腐っている木は沢山ありました。

cl7.jpg
↑コーヒーの木は一本の木から何本もの枝が生えて、何年も何年も生き続けますが、古い木や腐ってしまった木はこんな感じになってしまいもう使えなくなってしまうそうです。

cl6.jpg
↑収穫間近のコーヒー豆はこんな感じです。

残念だったのが、コーヒー農場で働いている人たちがもうすでに仕事を終えて帰ってしまっていたことです。お話を聞きたかったのでちょっとがっかりでしたが、どうやら彼らは日差しが強くなる前の朝で仕事を終えるようですね。

コーヒーは200シリングから飲めます。他にも食事やケーキなどもありました。その辺のホテルよりマッタリできてステキな場所です。とってもオススメな場所でした。是非アルーシャに来られた方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。





クリックして応援お願いします!
↓↓↓

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ucda.blog12.fc2.com/tb.php/220-56ce1c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。