FC2ブログ

UPENDO COTTAGE AND DEVELOPMENT AGENCY

アフリカはタンザニアのNGO活動についてです。フォスターペアレント、アフリカスタディツアー案内、オリジナル衣料&アクセサリー、雑貨等の卸/販売、そしてタンザニア情報をお伝えします。

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

マラリア?風邪?

タンザニアの医療は日本と比べるとまだまだ劣っているとよく感じます。病院に行っても処方箋はほとんどなく、薬局で売っている市販のお薬をお医者さんからの指示で購入する事になります。

タンザニアの医療については色々あるのですが、今日はマラリアについてです。これはタンザニアに限らず他のアフリカでもよくあった事ですが、

「マラリアにかかったの」どーーーーーん・・・

という言葉をよく聞きます。マラリアは大変な病気で生死に関わると思っていた私は、


ええええええげっ!?じゃあ重症なのはてなでもその割にはピンピンしてるしベッドで寝ているわけでもない。一体全体何なんだダッシュアフリカ人はそんな重病にも耐えられてしまうような体力を持っているのぉはてな

なんて疑問に思いましたが、後々、マラリア=風邪のような感覚なのではないか・・・と気づいたのです。

なぜなら、マラリアはマラリア熱を持っている蚊にさされて感染するのですが、タンザニア人はあまり蚊に刺されない、というか、私が10人のアフリカ人と一緒にいたのなら、まず私が蚊のNO1ターゲットにいつもなるのです。蚊にさされてボコボコになり、痒くて赤く膨れ上がる私の手足をよそに、全く攻撃を受けていなさそうな彼ら。

なのに、沢山刺されている私は健康、そして「マラリア~」と言って咳をしたり鼻をかむタンザニア人。風邪なんじゃないのはてなと疑いたくなります。特に季節の変わり目に具合が悪くなる姿を見ると。そして他の人も具合が悪くなるのを見ていると・・・大汗

そして、マラリアだと思って病院に行きます。採血をしてマラリアに感染しているかどうか確認します。すると感染していなかったり無言。でもなぜかマラリアの薬をもらってきたり・・・マジですか

あるいは噂で聞いたのですが、マラリアに感染していない結果が出たとしても、「ではこの具合の悪さは何なんだはてな」と患者さんに突っ込まれたら答えようがないので、とりあえず「マラリア」と言っておこう!!というお医者さんもいるとか。

マラリアはタンザニアの死亡原因の1位をしめています(HIV/AIDSではないのです)。でも、私は本当にマラリアなのか疑いますね。と言ってもHIV/AIDSに感染している人々がマラリアにかかり、免疫が弱いのでマラリアを治すことができず死亡する、というケースも良くあるようなのですが。

風邪なのかマラリアなのか分からないマラリア。しかし具合が悪くなったらとりあえず治療をしましょう。重度のマラリアはそのままにしておくと死に至ります。




‚«‚Ì‚±クリックして応援して下さい クリックして応援して下さい‚«‚Ì‚±

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ucda.blog12.fc2.com/tb.php/179-af2ca89f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。