FC2ブログ

UPENDO COTTAGE AND DEVELOPMENT AGENCY

アフリカはタンザニアのNGO活動についてです。フォスターペアレント、アフリカスタディツアー案内、オリジナル衣料&アクセサリー、雑貨等の卸/販売、そしてタンザニア情報をお伝えします。

2018/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

2009年、UPENDOの夢と目標

まず最初に・・・

いつもご支援いただき、誠にありがとうございます。UPENDO COTTAGE AND DEVELOPMENT AGENCYのスタッフ一同、そしてUPENDOの周りの市民や子供達、皆感謝の気持ちでいっぱいです。

アサンテ サーーーーーーーーーナ(ありがとうございます)。
ちなみにこれからは知られているポレポーレというスワヒリ語よりもアサンテ(=ありがとう)というスワヒリ語を広めたいですね。ちなみにポレポーレって思ったほど日常会話では使われないのですよ汗


さて、本題に入りますのび

私がタンザニア滞在をしていた数日間、UPENDOのスタッフと今後の方針について話し合いをしました。

現在、UPENDOが最も力を注いでいるのは、両親のいない子供達や障害を持つ子供達、HIV感染の子供達の教育と生活向上です。

この子供達は、普段は家族や親戚などと一緒に住んでいます。しかしながら家族が多かったり十分な生活費が稼げないが為に、2日間食事をとらずにいる子供達がいる事を知りました。大変ショックな現状です。

そこで、子供達に規則正しく健康な生活をしてもらうためにも、子供達を一つの安全な場所に集めて、共同生活をした方がよいのではないかはてなと考えたのです。

私たちが計画をしているのは、ひとつの家絵文字名を入力してくださいを借りて、そこをUPENDOの施設として不規則な生活をしている子供達の住まいにする、という事です。

もちろん、子供達のみの生活は危険ですので、常時管理もいます。1日3食を子供達に与え、清潔な環境を保ちます。

これが私たちUPENDOの2009年の夢でもあり目標でもありますHeart


さて、これにはやはり費用がかかります。

まず家ですが、十分な子供達が寝れるスペースのある大きな家を借りるのに、1年間で約20万円必要となります。タンザニアでは年間支払いが普通です。

そして毎日の食費、子供達の寝具、家具や身の回り品などがあります。

この私たちの計画に賛同して頂ける方、是非子供達のお力になって下さい。



HOW TO HELPはてな



‚«‚Ì‚±クリックして応援して下さい クリックして応援して下さい‚«‚Ì‚±

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ucda.blog12.fc2.com/tb.php/167-c98f0ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。